KMC 2017 カンファレンススケジュール

9月15日~17日


オープニング・パーティ - 9/15(金)

会場:ハードロックカフェ大阪
チャージ:なし / Start @ 21:00

KMCは毎回大阪市内のカッコイイ会場で、オープニング・パーティーから始まります。パーティーでは、興味深い国内外のミュージシャンがステージに上がって演奏し、そしてKMCに参加するアーティスト、音楽業界関係者、一般の観客などが一緒にライブ・ショーや交流を楽しむことができ、幅広いネットワークを手に入れるチャンスが提供されます!
また、KMCに出るミュージシャンのカンファレンス登録を行い、チラシなどが配布され、様々なアーティスト、ミュージックファンと交流するためにも、この楽しいオープニングイベントに是非参加されることをお勧めします。

松田 㤗歩

(京都)
21:00

Russell Curtis

(マレーシア)
21:40

ASIABROWN

(大阪)
22:20


ライブ・パフォーマンス - 9/16(土)

神戸:IZNT
チャージ:なし / Start @ 21:00

神戸で毎週土曜日、活気あふれるライブを提供しているバー「IZNT」。ダンスミュージック、R&B、そしてロックミュージックが好きな方は、当日出演する3組の魅力的なアーティストと共に、にぎやかな雰囲気を楽しんでみて下さいね!

Brad Quinn

(兵庫/US)
21:00

Ilu Grace

(東京)
21:50

Moses

(ニュージーランド)
22:45


神戸:Art House
チャージ:¥1700 + ¥300(ドリンク代 )/ Start @ 17:30

三宮のライブハウス「Arthouse」では、国際交流を活発化させるため、2013年より毎年KMCとコラボレーションしています。今年も、海外からのアーティストと関西を中心に活躍するローカルバンド、合わせて約7組のバンドが出演しますので、音楽を通して素晴らしいコミュニケーションができることでしょう!

Russell Curtis

(マレーシア)

Meet Me Saturday

(大阪)

夕立に笑う

(大阪)

Edgars Rakovskis

(ラトビア)


大阪:Club Vijon
チャージ:¥600(ドリンク代)/ Start @ 15:00

北堀江にあるライブハウス「クラブヴィジョン」では、国内、海外アーティスト8組が、午後から夜にかけて出演します。ミュージックファンにとっては、ドリンク代のみで、このめったにない経験をするチャンスですので、是非、行ってみて下さいね!

Jake Iwatani

(大分)
15:00

Rob Moir

(カナダ)
15:50

Vaseux

(埼玉)
16:40

Matahari

(チリ)
18:20

The Tubuloids

(カナダ)
19:10

BRONxxx

(大阪)
20:00

The Stone That Burns

(京都)
20:50


大阪:ビストロ・ニューオーリンズ
チャージ:なし / Start @ 20:30

Club Vijonと近く独自のアメリカ南部料理レストラン「Bistro New Orleans」で、ブルースミュージックと美味しい料理を楽しめます。二組のミュージシャンはみんなのため、アメリカ南部特有のブルースミュージックを演奏していただいて、面白い雰囲気を作ります。

YANTOO

(大阪)
20:30

NATURAL T

(US・大阪)
21:30


ミュージック・カンファレンス - 9/17(日)

大阪:大阪産業創造館会議室、5階

ネットワーキング・イベント(研究室E|10:30~11:30)

「ネットワーキング・イベント」という意味は、ゲストスピーカー、音楽業界の代表、ミュージシャン、そして KMC スタッフは1つの場所で、名刺交換やネットワーキングをしながら、軽食を取っていただけます。
招待されたゲスト:シン バラカン(プレイリストのキュレーションの担当)、ステイーヴ ユリスニー(ダダリオ社)、デュエイン レヴィ(シェールストン・ミュージック社)、AFOラジオ(マレーシア)、デービッド アイザック(デッド・フォックス)、アレクサンダー マイケルソン(株Empire Entertainment)、アーロン ウォーカー(オーディオ・ビデオイベントプロデュサー)、エリック ウイーグマン(Tycoon Percussion) など


プレゼンテーション(5階 - 研究室A|13:30~16:30) / 入場無料

午後には、いろんなトッピングに関するプレゼンテーションが公開で開催され、 興味のある方は無料で自由に参加できます。


David Isick

(Dead Foxx)
* 研究室A|13:30 -(トーク:英語・日本語通訳)
彼の会社「Dead Foxx」を通して、日本人のバンド20組以上がアメリカでツアーをし、そしてアメリカからのバンドが来日してツアーをします。彼は海外のツアーを組み合わせる方法を説明します。

* 研究室A|14:30 -(トーク:英語)
楽器メーカーなどの会社の代表何人かは新製品や情報を皆さんに紹介します。


シン・バラカン

(プレイリストキュレーター)
* 研究室A|15:30 -(トーク:英語・日本語でのご質問に対応可)
日本の音楽との出会いから日本でラジオ番組を製作することまで、シンなりの音楽に対する考えを語ります。日本の音楽業界の概要を説明し、音楽配信関係の現職を通して、彼が日本のミュージックシーンをどう変えようとしているのを紹介します。

シン・バラカン(プロフィル)- 東京出身。ヒップホップをきっかけに、トラックにサンプリングされる元の音源などに興味を持ち、ジャンルの壁を超えた音楽の世界に目覚める。アメリカの大学を2010年に卒業し、2012年にはヨーロッパを一人で旅する。帰国後、InterFM897 (当時は76.1 InterFM)で毎週月~金曜日、午前5時~7時放送の音楽ミックス番組 “Morning Grooves” の選曲を担当する他、毎週日曜日、FMヨコハマで深夜24時から放送の番組「アナログ特区」にも出演。Konamiが制作する人気サッカーゲーム “Winning Eleven” の挿入曲の歌詞の英訳、更に伊勢丹館内のナレーションも担当。
現在は、音楽配信サービスでプレイリストのキュレーションを担当。


KMC インタラクティブ(5階 - 研究室B|13:30~16:30) / 入場無料

「KMC インタラクティブ」とは、大阪以外の国内外の現場からミュージシャンや業界の代表はネットストリーミング経由で、プレゼンテーションを行います。また、参加者は、プレゼンターとリアルタイムでコミュニケーションもできます。

Apryl Peredo

(Interidoru)
* 研究室B|13:30 -(トーク:英語)
海外からのミュージシャンに対して、日本のミュージック・シーンでは、特にマーケティングやアピールに関しては「イメージ」が重要であることを説明します。

Kyoko Ogawa

(歌手)
* 研究室B|14:30 -(トーク:日本語)
兵庫出身。音楽留学をきっかけに8年間アメリカにて演奏活動をしまして、現在ドイツに住んでいます。ライブのブッキング、オーディションの受け方、アーティストビザの取得方法などを説明します。


Cristobal Platz & Munirih Roe

(チリからのプロミュージシャン)
* 研究室B|15:30 –「日本のアーティストがチリでパフォーマンスをするチャンスはあるか?」- チリのミュージックマーケットの紹介と説明 在チリ日本大使館とチリ政府は、関西ミュージックカンファレンスを通じた文化交流により、二国間の関係が改善するのではと期待しています。
そしてこのプレゼンテーションでは、彼らが、チリでパフォーマンスを希望する日本のアーティストが助成金を手に入れる方法などを説明します。

(内容は予告なく変更可能性があります)

.