KMC 2017 カンファレンススケジュール

9月15日~17日


オープニング・パーティ - 9/15(金)

会場:ハードロックカフェ大阪

KMCは毎回大阪市内のカッコイイ会場で、オープニング・パーティーから始まります。パーティーでは、興味深い国内外のミュージシャンがステージに上がって演奏し、そしてKMCに参加するアーティスト、音楽業界関係者、一般の観客などが一緒にライブ・ショーや交流を楽しむことができ、幅広いネットワークを手に入れるチャンスが提供されます!
また、KMCに出るミュージシャンのカンファレンス登録を行い、カンファレンスプログラム、チラシなどが配布されます。様々なアーティスト、ミュージックファンと交流するためにも、この楽しいオープニング・パーティーに是非参加されることをお勧めします。

Russell Curtis

(マレーシア)

松田 㤗歩

(京都)


ライブ・パフォーマンス - 9/16(土)

神戸:IZNT

神戸で毎週土曜日に活気あふれるライブを提供するバー「IZNT」では、この3組の魅力的なアーティストが出演。

Farouk Sendal

(フランス)

Ilu Grace

(東京)

Moses

(ニュージーランド)


神戸:Art House

三宮のライブハウス「Art House」では、定期的に海外からのアーティストと神戸を中心にライブをするローカルバンドが組み合わせて、約7組のバンドが出演予定!

Russell Curtis

(マレーシア)

夕立に笑う

(大阪)

Relicseed

(ラトビア)


大阪:Club Vijon

北堀江にあるライブハウス「クラブヴィジョン」で、このアーティストが午後から夜まで出て、ミュージックファンと一緒に交流しましょう。

Vaseux

(埼玉)

Matahari

(チリ)

Ooberfuse

(UK)

The Stone That Burns

(京都)

Rob Moir

(カナダ)

BRONxxx

(大阪)

The Tubuloids

(カナダ)

Jake Iwatani

(大分)


大阪:ビストロ・ニューオーリンズ

Club Vijonと近く独自のアメリカ南部料理レストラン「Bistro New Orleans」で、ブルースミュージックと美味しい料理を楽しめます。

YANTOO

(大阪)


ミュージック・カンファレンス - 9/17(日)

大阪:大阪産業創造館会議室

ネットワーキング・イベント(10:30~11:30)

「ネットワーキング・イベント」という意味は、ゲストスピーカー、音楽業界の代表、ミュージシャン、そして KMC スタッフは1つの場所で、名刺交換やネットワーキングをしながら、軽食を取っていただけます。


プレゼンテーション(13:30~16:30)

午後には、いろんなトッピングに関するプレゼンテーションが公開で開催され、 興味のある方は無料で自由に参加できます。


David Isaac

(Dead Foxx)
*13:30 -(トーク:英語・日本語通訳)
彼の会社「Dead Foxx」を通して、日本人のバンド20組以上がアメリカでツアーをし、そしてアメリカからのバンドが来日してツアーをします。彼は海外のツアーを組み合わせる方法を説明します。

*14:30 -(トーク:英語)
音楽会社の代表何人かは新製品や情報を皆さんに紹介します。


シン・バラカン

(プレイリストキュレーター)
*15:30 -(トーク:英語・日本語でのご質問に対応可)
日本の音楽との出会いから日本でラジオ番組を製作することまで、シンなりの音楽に対する考えを語ります。日本の音楽業界の概要を説明し、去年日本に上陸したSpotifyを通して、彼が日本のミュージックシーンをどう変えようとしているのを紹介します。

シン・バラカン(プロフィル)- 東京出身。ヒップホップをきっかけに、トラックにサンプリングされる元の音源などに興味を持ち、ジャンルの壁を超えた音楽の世界に目覚める。アメリカの大学を2010年に卒業し、2012年にはヨーロッパを一人で旅する。帰国後、InterFM897 (当時は76.1 InterFM)で毎週月~金曜日、午前5時~7時放送の音楽ミックス番組 “Morning Grooves” の選曲を担当する他、毎週日曜日、FMヨコハマで深夜24時から放送の番組「アナログ特区」にも出演。Konamiが制作する人気サッカーゲーム “Winning Eleven” の挿入曲の歌詞の英訳、更に伊勢丹館内のナレーションも担当。
現在は、音楽配信サービス “Spotify Japan” に入社し、プレイリストのキュレーションを担当。


KMC インタラクティブ(13:30~16:30)

「KMC インタラクティブ」とは、大阪以外の国内外の現場からミュージシャンや業界の代表はネットストリーミング経由で、プレゼンテーションを行います。また、参加者は、プレゼンターとリアルタイムでコミュニケーションもできます。

Apryl Peredo

(Interidoru)
*13:30 - (トーク:英語)
日本のミュージックシーンと音楽業界について語る。

Kyoko Ogawa

(歌手)
*14:30 -(トーク:日本語)
兵庫出身の小川さんは歌手として、日本からNYそして現在ドイツまで活躍。自分のキャリアを説明し、海外で演奏が希望の日本人向けのアドバイスを提供します。


Munirih Roe

(チリ)
* 15:30 –(トーク:英語・日本語通訳)
「日本のミュージシャンはチリで演奏するチャンスがあるでしょう?」-チリのミュージックマーケットの紹介と説明
チリでの日本大使館とチリ政府は関西ミュージックカンファレンスを通じて、文化交流として二国間の関係をもっとよくなることに興味を持っています。そしてこのプレゼンテーションでは、MatahariのメンバーRoeさんはチリで演奏してみたい日本のミュージシャンが助成金を手に入れる方法などの情報を説明します。

(内容は予告なく変更可能性があります)

.